lovely sky blue

日々の出来事など思いつくままに。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005年終了

12/31
2005年も今日で終わりなので、元旦に書いた目標を振り返って見ます。

「24で四段に上がる」

はい、余裕で達成できませんでした。

というわけで来年の目標

「24で四段に上がる」

それではみなさん良いお年を。
スポンサーサイト

頭が悪い

12/30
最近生活のだらけぶりがひどいです。小倉智昭の司会ぶりを見ることはほとんどなく、起きるとだいたいタモリが番組やってます。下手すりゃ小堺一機になってます。

だらけた生活の中で24をやってるわけですが、30秒将棋ばっかりやってるせいか、丁寧に考える癖がついてなくて変な手指して簡単に悪くなってしまうんです。

もうあまりに弱くて自分自身にぶちぎれ状態になったりしたんですが、その状態で気を取り直して対局してみるとしっかり考えて指すことができました。

”真剣に考える”感覚を久しぶりに思い出した気がします。

人はだらけた生活や変化のない生活を送っていると、どんどん頭がにぶっていくのかなと思います。ずっと専業主婦やってた人が中年で認知症になる場合があると聞きますが、そういう人はおそらく何十年も穏やかで、あまり変化のない生活を送ってたんだろうと思います。

僕自身も何日もだらけっぱなしの生活してたら、頭の回転がにぶくなってるなと感じるので、これがもし10年20年と続けばボケそうだなあと思いますよ。

だらけた生活の人は脳の活動がにぶくなるから、その後もだらけた生活になりがちで、さらに脳の活動がにぶって、と負のスパイラルに陥るんじゃないでしょうか。
逆に充実した生活をしている人は、いろんなことを経験して脳の活動が活発になって、さらにいろんなことをやろうと思って中身の濃い生活をしてさらに脳が活発になって、とどんどん活発になっていくような気がします。

それで自分の状態を考えてみると、ここ数年は全体的に脳の活動がにぶいなあと感じるわけです。一度卒研で1週間程かなり真剣に作業したことがあったのですが、何日も真剣に作業し続けていると次の日になっても脳がすっきりしてるんですね。その状態をずっと維持できればよかったんですが、作業が一段落した翌日からまただらけた生活に戻ってしまいました。
数年かけてついてしまっただらけ癖を直すのは難しいです。

将棋が強くなることも含めていろんなことを効率よく学ぶには、脳を活発に動かす必要があります。来年はもっと毎日を充実させてしっかり頭を使いたいものです。

回収のお知らせ

12/29
今月に入ってナショナル石油温風機回収のお知らせCMがたくさん流れてますね。
あの音楽のない物静かで独特の雰囲気を感じるCMですが、ネット上ではそれに音楽をつけたりして、数多くのパロディ作品が作られて盛り上がっているようです。
まとめサイトまで作られている始末で様々な作品を見ることができます。その中で個人的に気に入ったやつを紹介してみます。

元CM
新喜劇風(FLASH)
スター○ォーズ風(FLASH)
水戸黄門(FLASH)
まいっか(音のみ)
ジャ○ネット(音のみ)
ヒロシです風(音のみ)
クリスマス(動画)
お正月(動画) 


不謹慎だという意見もあるとは思いますが、こういうネタは大好きです。結果的により多くの人に認知してもらえるのではないかと思います。

UFOキャッチャー

12/27


むきになって取り過ぎた。反省はしていない。

序盤の駒組み

12/26
最近は24で四間飛車ばかりやっていて、序盤は38銀39玉と囲うのではなく、38玉→28玉→38銀としています。

何の工夫もない囲い方で藤井システムが使えないので、左美濃を結構やられるかと思ったのですが、以外にほとんどやってこないです。38銀39玉としていた時と比べても、左美濃をやってくる割合は変わらないと思います。

どうやら左美濃が得意な人は39玉型でもやってくるし、左美濃をあまりやらない人は28玉型でもやってこない。結局序盤の作戦は相手の形を見て決めるというより、自分の得意な形をやる人が多いんでしょうね。

パソコンでテレビ

12/25


今日で僕が生まれてから8888日たつらしい。

テレビが故障して以降、自室でテレビを見られない不自由な生活を送っていましたが、パソコンでテレビが見られるようにTVチューナー付きビデオキャプチャを買うことにしました。

ビデオキャプチャといっても、種類はいろいろあってどれが最善かよくわからないですが、とりあえずテレビが見られたらいいやということで5000円程度の安いやつを購入。

パソコンのふたを外して、内部に直接差し込めば設置完了。あとはパソコンを起動して指示通りにインストール作業をすれば準備完了です。思ったより簡単にできました。

画質はそれほど良くないですが、とりあえずテレビが見れれば良かったので十分満足です。上の画像はNHK将棋トーナメントを見つつ、掲示板を見つつ、24の観戦をやっている図。

これでまたなんでもいいからテレビをつけっぱなしにしてネットをするといういつもの生活スタイルを取り戻せます。

クリスマスイブ

12/24


今日はクリスマスイブという日のようです。



まあ僕にとってはどうでもいいんですけどね。

12/22
王座戦の結果も気になるけど大学に行って自分の作業もやらないとね、と思って朝起きて外を見るとなにやらいつもと違う景色が広がっていました。
なんでこんなに雪がつもってるんですか。まだ12月ですよ?

うわー雪だあと思いながら、再び夢の世界へ飛び立ちました。

ルールの違い

12/21
王座戦で初っ端からいきなりトラブルがあったようで。

オーダー表の追加ができるというのは関西地区のルールからすればまったく想定外の出来事です。いろいろ情報収集してみましたが、どうやら責任は運営にあるようです。

東大は事前にこれをやっていいか問い合わせて、全日は了承しているようなので東大に責任はないでしょう。全日が他地区に”オーダーは後から追加できる”ということを連絡していないのが問題です。

しかし地区によってこんなルールの違いがあるとは全く知りませんでした。今後このようなことが起こらないためにも、ルールは細かいところまできっちり明記するとか、各地区のルールの違いを把握しておく必要があるのかもしれません。

見送り

12/20
みんながいよいよ決戦の地へ出向くので、その見送りをしました。



果たして今年はどうなるのか。学生将棋界で最も注目の数日間です。

記録の保存



12/19
今日は部室に行ってこれまで自分が指した順位戦の棋譜をコピーしました。まずはBKCのロッカーにある棋譜を見たのですが、去年くらいまでしか置いてないようだったので、とりあえずBKCにある棋譜をコピーしてから、衣笠へ行きました。

衣笠には2002年以降の棋譜がありました。当時の参加者の顔ぶれを見ると懐かしいです。少し感傷に浸りつつ、せっせと自分の棋譜を全て抜き出してコピーしました。全部で64枚ありました。順位戦の棋譜はC級在籍時は残してない場合もあるので、全ての棋譜があったわけではありせんが、これだけの量があればよしとします。

久々に衣笠の部員とも会えて楽しかったです。やはりBKCと衣笠両方を見ると、雰囲気が違うなあと思いました。


衣笠→鍋やろう、飯食いに行こう、ガンダム

BKC→立将持って来たYO!、YO!YO!YO!!!(合唱)


あの楽しそうな姿を撮ればよかったと今さらながらに強く思いました。

モブログ

12/18
ブログの更新はパソコンでないとできないということはなく、携帯からも更新できるモブログという機能があります。

今までモブログを活用したことはないのですが、一度試しにモブログで更新してみました。下の記事がそうです。

更新の方法はいたって簡単で、まずはあらかじめ更新するためのに使う携帯のメアドをブログの設定で登録しておきます。
そして、登録したメアドから普段メールを送るのと同じ要領で、更新用のアドレスにメールを送れば更新完了です。
メールを書くときの件名がタイトルになり、本文はそのまま本文、添付ファイルをつけることで写真を載せることもできました。

試してみてわかったのは、メールを送ってからブログが実際に更新されるまで若干の時間差があるということですね。
下の記事は1:15にメールを送ったのですが、更新されたのは1:18になってます。まあそれによって支障がでるということもなさそうですが。

なぜ今これをやったのかといいますと、来週からついに王座戦が始まりますよね。それで、モブログを使って中継ができないかと思って、まずは自分でその使い勝手を調べたのです。

僕は王座戦に行かないので中継はできませんが、とりあえずモブログを使っての更新は簡単にできることがわかったので、誰か行く人にやってほしいなあ。

てすと

20051219011806
もぶろぐテスト

こどもののみもの

12/17


コンビニで”こどもののみもの”という名前の商品を見つけました。レトロな雰囲気の絵で容器はペットボトルではなくて瓶です。こんな異質な商品を売るなんて、明らかに変わり物好きの人を狙い撃ちしているような気がするのですが、そう思いつつも買ってしまうわけです。

どうやらこの商品、子供でも飲めるビールというコンセプトのようです。実際はビールじゃないんだけど、子供でもビールを飲んでる雰囲気を味わうために作られたものだと思われます。

早速、ふたを開けて中身をグラスに注いで見ました。



051217_2.jpg

おー、これはビールっぽいですね。


適当に瓶を傾けてをジョボジョボ注ぐと、グラスの中が泡で占領されてしまいます。実際にビールを注ぐ時と同じ感じですね。だから、グラスを少し傾けてそっと入れることで泡とジュースの割合がちょうど良い具合になります。

そして肝心のお味はどうでしょうか。うん、ぶっちゃけおいしくない。味はおいしいのを追求するというより、微妙にビールを意識してるように感じました。苦いわけじゃないんだけど、特に甘いわけでもなくなんかよくわからない味。

飲み終わった後の泡の残り方もビールっぽいです。知らない人が見たらまずビールを飲んでると思うでしょう。

アルコールはだめだけど、雰囲気だけ味わいたい人はどうぞ。

歓迎会


12/16


今日は研究室に配属された3回生の歓迎会がありました。研究室内にいろいろ食べ物飲み物を用意して、全員集合で飲み食いするのです。

3回生は無料で4回生以上がお金を出して用意するのですが、お腹いっぱいになるくらい用意して、お酒もいろいろ用意しても一人2000円以内で収まるんですね。

適当に食べたところで一人一人自己紹介とかやったりして、3回生の人たちにはどんな人がいるのか、どんな研究室なのかが知ってもらえたと思います。

まあ、彼らが真の姿を知るのは来年の4月以降なんですけどね。

今年の漢字

12/15
2005今年の漢字
今年の漢字が13日に発表されました。「愛」ですか。実際応募数が一番多くてきまったわけですけど、その理由を見ても”愛が足りない”とか誰かそんなこと言ってたっけ?って思うのは僕だけでしょうか。

愛・地球博はたしかにポイント高そうですね。
”各界の「アイちゃん」に大きな期待”って、宮里藍は漢字違うじゃねーか。

まあこういう漢字がトップになるということは、みんなの意識が良い方向に向かっていると捉えることもできそうですね。いずれは「幸」とか「豊」みたいな字が選ばれたらいいですね。

個人的には「卒」で締めくくれるようにしたいものです。

睡眠時間11時間

12/14
ゼミの翌日は力がでな~い。ということで朝はずっと布団にもぐったままで、起きたのが13時。それでもなんとか大学へ行って卒論を書くための資料をあさってました。

朝寝すぎたせいで逆に体調がよくありません。結局大学には2時間ほど滞在して帰りました。家から大学までの往復移動時間の方が長いです。

卒業に向けての正念場なので、なんとか気合を入れて頑張りたいところです。

部員に会う

12/13
某後輩が卒研の実験の被験者を募集していたので協力することにしました。内容は人間の将棋の思考パターンを調べるというもの。

詳しくは書きませんが、慣れない作業で戸惑いました。しかし珍しい体験ができて楽しかったです。BKCの部員はみんな協力してあげましょう。

その実験が終わった後は、実験参加の呼びかけもかねて部室へ行きました。部室へ行くのはめちゃくちゃ久しぶりです。たぶん半年振りくらいです。

それで将棋研究会の近況とかも聞くことができました。この日の人は少なめでしたが、普段はとても賑わっているとのことで喜ばしいことです。

王座戦に向けて士気を高めて良い結果が出せることを祈ります。

卒研

12/12
先の見えない卒研でしたが、この日のゼミでついに「論文書きはじめたら?」といわれました。ようやくゴールが見えてきたようです。

まあ出来がよくて認められたか、さじを投げて論文を書かせるのかはわかりませんが、この際そんなのはどっちでもいいです。
もう評価とかこだわりません。「C」でもいいからとにかく卒業できればそれでよし。

このペースでいくと、卒論の締め切り直前にあわてて仕上げるという事態は避けられそうです。よかったよかった。

日曜日

12/11
   〃∩ ∧_∧
   ⊂⌒(  ・ω・) 
     `ヽ_っ⌒/⌒c     
        ⌒ ⌒

将棋ソフト

12/8
ネット上で将棋関連の面白い商品でもないかなと思って検索してみたらこんな商品を見つけました。

将棋ソフトはたくさん出ていますが、こんなソフトがあったのは知りませんでした。もう2年以上前に発売されたソフトなんですね。

棋士ならではの将棋に対する個性を反映させたと説明されていて、それぞれの棋士の過去の対局の局面やオリジナルの局面から指し継ぐモードが用意されてるようです。

しかしどういう理由でこの人選になったんでしょうか。ものすごく渋いです。どうせならもっと棋風のはっきりしている棋士を使えばいいのにと思います。

例えば加藤一二三九段に協力してもらって棒銀の指定局面から対局させるとか、近藤正和五段に協力してもらってゴキゲン中飛車の指定局面を用意するとか。

とはいえ、将棋ソフトといえば棋力の高さだけが注目されがちの中で、こういうタイプのソフトを考えるのは有効だなあと感心しました。

冬のほっと一息カフェオレ



12/7
各季節ごとに新しい商品が出るもんですね。カフェオレ自体は年中販売されている商品ですが、商品名に”冬”をつけると冬の商品になります。

パッケージの説明によると、このカフェオレは生クリーム&濃厚な風味のベトナム産コーヒー使用だそうです。

この季節のカフェオレ系はミルクや生クリームを使ってさっぱりよりまったりした感じを強調している商品が多いように思います。まあ季節柄当然といえば当然なんですけど。

ちなみに僕はコーヒーの味の良し悪しとか良くわからなくてこだわりもないので、ベトナム産コーヒーを使用とか書かれても何が良いのかよくわからないのです。

それでも新商品だからという理由だけで、500ミリパックとしてはやや高めの126円の商品を買ってしまうのはどうなんだろうかと思う今日この頃です。

部屋の掃除

12/6
久しぶりに部屋の掃除をしました。将棋の本が散乱しているので一つ一つ本棚へ片付けます。しかし本棚の収容率がほぼ満杯でなかなか思うように整理できません。

本棚を大きく占拠しているのが大学の講義で使ったテキスト、ノート、プリント類なんですが、これの処置に困ってます。

おそらくもう二度と読み返すこともないだろうと思うのですが、いざ捨てるとなると躊躇してしまいます。

将棋の本もそれなりの量になってきました。これらの本を全て覚えるだけでも四段になれるんじゃないかと思ったりするのですが、僕の場合買ったことに満足してしまう傾向があるのがいけないところです。しっかり読み込まないと。

床に散乱していた本を片付けるだけでも部屋が広くなったように感じて気分がいいです。

ただ将棋の本は片付けたまま眠らせないようにちゃんと読まなければ。

寒い日

12/5
今日は一段と寒かったです。もうコートが必要な季節なんですね。最近は大学の帰りは駅まで歩くことが多かったんですが、さすがに今日は寒かったのでバスにしました。

駅につくと、ホームは寒いという事で改札付近で電車を待つ人が居たり、ホームの待合室の中に居る人が多かったです。

このときの時間は昼過ぎだったのですが、ホームにいる人のほとんどがガラス窓で囲われた待合室の中に居るんです。待合室といってもせいぜい6畳くらいの広さです。そんなところに10人以上の人が集まってるわけです。そして待合室の外は閑散としてるんです。

言い方は悪いですが、みんな監獄に収容されているみたいで思わず笑いそうになってしまいました。一瞬写真撮ろうかとも思いましたが、それはさすがに悪ふざけが過ぎるのはやめました。

何はともあれ寒さで風邪を引かないように注意が必要ですね。

右銀急戦の変化を考える

12/4
12月2日で書いた変化について、38銀打ちに対しては59金でどうかという指摘を受けたのでもうちょっと考えてみました。

続きを読む »

ブックオフで将棋本

12/3
近所のブックオフに行ったら、「四間飛車破り(急戦編)」とか「新・振り飛車党宣言」とかがあってびっくりしました。

「四間飛車破り」は「四間飛車の急所」でカバーすることにして、「振り飛車党宣言」の方も研究部分だけ読んで結局買ってないのですが、それ以外に「定跡の裏街道」とかもあったのでこっちを買うことにしました。内容的に気になりつつあまり読んでなかったのですが、ブックオフだと半額なので買う気になりました。

比較的新しい本がなんでこんなに置いてあったのかが不思議です。表紙がわずかに痛んでたので、さすがに読んでから売ったのだと思いますが、短期間で読み込んで売ってしまう人もいるということでしょうか。

何はともあれ個人的にはいい買い物ができました。

近代将棋感想

12/2
近代将棋を読んで感じたこと。

冒頭の瀬川さんの写真を見て招き猫を連想しました。あの笑顔がネコっぽく感じるのは僕だけでしょうか。

冬休み近将道場オール学生大会の案内がありましたが、あの商品はどうなんでしょうか。
応募する小学生が、恋愛シミュレーションゲームとかパチスロゲームとか麻雀ゲームを希望商品にしてたらなんか嫌です。

あと気になったのが定跡最前線特捜部で解説してた変化

図は居飛車の右銀急戦から△72飛に▲67金と上がり、△76飛▲同金△67銀と飛車金両取りをかける変化の一部。

記事では以下▲78銀△76金で居飛車優勢になってますが、普通に▲38銀打ちとかじゃ駄目なんですかね。
相手が桂馬取ったら銀が取れるし、銀が成るのは銀交換後に再び銀打って受けるくらいで、振り飛車も結構戦えそうな気がするんですが。

深く研究したわけではないですが、いまいち納得のいかない感じがします。

コマコマ

12/1
1週あけてコマコマの第2部が始まったので読みました。以下ネタバレあり。



冒頭でいきなり2年経過してたのには、工エエェェ(´д`)ェェエエ工 と思いましたが、あの状況での展開は難しいとの判断でしょうか。

なんか名人が登場しましたね。すごくノリの軽そうな名人です。このマンガは全体的にああいう系統のキャラが強力なんですね。

50面指しやってましたが、プロが長考してるのをおかしいと思うのは僕だけでしょうか。いくら相手の指し手が鋭くても、50面指しではプロは本気で勝ちにいってる訳ではないので、ほとんど直感で早指しすると思うんですが。

確か昔に羽生さんが子供相手に100面指ししたときも、勝ち負けは五分五分って言ってたような気がします。
ヒカルの碁でヒカルが3面指ししたときも、加賀が直感で打てって言ってました。この名人の行為は加賀の言葉に逆らってると思います。

まあそれはさておいて、僕が当初予想していてた”奨励会試験合格おしまい”の展開からは離れた感じですが、果たしてこれからどう展開するのか。
これからも毎週チェックしようと思います。

 | HOME | 

プロフィール

せきどう

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近のコメント

最近のトラックバック

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。