lovely sky blue

日々の出来事など思いつくままに。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スパークリングカフェ

5/29


炭酸入りコーヒーです。

一週間ほど前に発売された商品で、やっと購入しました。
コンビニによってあるところとないところがあるんですよね。

僕は普段コーヒーは飲まないのですが、炭酸の効果ですっきりした感じが良かったです。

けど普段からコーヒーを飲む人にとっては、違和感ありまくりでだめかもしれませんね。

コーヒー飲まない人にとっては、コーヒーの味が好きじゃないので馴染まないし、
コーヒー飲む人にとっては炭酸が無駄に感じで馴染まないし、
って感じで中途半端な飲み物になってるような気がします。
スポンサーサイト

近況と予定

5/27
何のために書くのかわからないけど、近況と今年の予定を書いてみる。

大学を卒業して以降、スーパーゴールデンウルトラスペシャルウィークを満喫してましたが、5月に入ってアルバイトを開始。

とりあえずニートではなくなりました。

どういうわけか職場はほとんど女性、っていうか勤務してるところで男性は自分だけでした。
何の仕事かは秘密です、えへへ。
決していかがわしいところではないのであしからず。

アルバイトなので、一日を前半後半に分けてどちらか片方分の時間だけ勤務、みたいなのを想定してたのに、、配られたシフト表を見たらほとんど朝から夜までになってんの。
しかも週5だから、勤務時間的に一般的な正社員と変わらないじゃん。給料が低い分だけ損してるし。


本来の予定としては、今年はバイトしながら資格試験の勉強をしようと思って、始めはまったりとアルバイトしようと思ったんですよ。
まあなんていうかリハビリ充電期間ってやつ?
それなのに手始めのバイトがこんな状況なので、6月に受ける簿記試験の勉強があまり進みません><。

そんな状況でも救いと言えるのは職場の雰囲気がまったりしてることでしょうか。
昼食時とか、他の女性スタッフたちと一つのテーブル囲んでごはん食べてますからね。
これまでの学生生活ではありえないことです。

以上近況と今年の予定おわり

使えない趣味

5/26
アルバイト先で年齢があまり離れてない女性との会話

('ー`) 趣味はなんですか

('∀`) えーっと、将棋やってます

('ー`) ・・・



これからは将棋やってること秘密にしていいですか?

将棋番組を考える4

5/25
詳しい説明が面倒なので、下の記事に書いた以外に思いついた企画を列挙してみる。

・将棋の団体戦
例1)年代別対抗戦
プロ棋士を10代、20代、30代、40代、50代以上くらいに分けて5人一組くらいでリーグ戦をやってみる
例2)地域別団体戦
出身地別にわけて戦ってみる。地方別に分けるとちょうどいいかな?

・アマチュア将棋界の紹介
映像を使ったアマチュア大会のレポート
普及に努める人たちの紹介など

・変則将棋大会
一方は角2枚でもう一方は飛車2枚で戦ったらどちらが勝つか(初期配置は自陣の角と相手陣の飛車を入れ替えた形)
目隠し将棋(なんかの企画で実際にプロ棋士がやったらしいですね。全国配信の番組でやればプロ棋士のすごさを知らしめることが出来ると思います)

・シュール系
いろんな場所で将棋を指して周囲の人の反応を見る
例1)人通りの多い道に面したカフェのテーブルで将棋
例2)混雑時のマ○ドナルドの店内の座席で将棋
例3)カラオケ店の個室で一切カラオケせずにドアを開けて将棋
例4)どっかの有名な待ち合わせ場所で地面に正座して将棋


楽しい将棋番組が制作されることを願ってやみません。

将棋番組を考える3

5/22
プロ棋士というのは良い将棋を指すことを求められ、強い棋士ほど人気も高くなります。一方で、人柄やキャラクターの良さから人気が高い棋士もいます。

プロ棋士だからといって将棋にこだわらず、棋士の人柄や趣味を題材にした番組もありだと思います。そういう意味では加藤一二三伝説もこの部類に入りますね。

棋士のインタビュー記事などを見ていると、競馬や競輪が趣味という棋士がいます。
渡辺明ブログでは、週末になると競馬の予想をするのが定番化してますね。
こういうのも番組として利用できないでしょうか。

毎週、競馬で予想と解説、及び観戦中の様子や観戦後の感想などを収録して一つの番組にするとか。
同じ予想するにしても、ブログの文章で予想内容を読むとの、映像で予想を語っているのを見るのでは映像のほうが面白いと思います。

「プロ棋士の競馬予想」みたいな感じで番組にすれば、将棋は知らないけど競馬はやってるっていう人が見るかもしれません。
そうなれば、今まで将棋界のことを知らない人にこんな棋士がいるんだということを知ってもらうことが出来ます。

他の趣味では、麻雀でも番組できるんじゃないですか。麻雀に打ちなれてる棋士を4人用意して打たせると。解説は近代将棋でコラムを書いてるプロ雀士の井出洋介氏に頼むとか。
ファンからすれば将棋の対局以外での姿を見ることで、より親しみやすくなると思います。

将棋の対局にこだわらず幅広い番組を作れば、もっと将棋の存在感も大きく出来ると思うんですけどね。

将棋番組を考える2

5/21
将棋番組を考えるとき、対局や講座、棋界ニュースだけでは平凡すぎるので、それ以外のジャンルも考えて見ます。

将棋好きの人というのは、自身が強くなることを目的とする人もいれば、観戦することを目的とする人もいます。

通常、将棋で活躍するには大会で勝つしかないですが、それ以外でも活躍できる企画はどうでしょうか。

ずばりそれは将棋クイズ番組です。

長い歴史をもつ将棋界では様々な記録、事件、エピソードなどがあり、将棋がそれほど強くなくてもそういったことにやたら詳しい人がいたりします。

将棋パイナップルで将棋センター試験というのがありますが、あれも将棋界に詳しい人の興味を引く企画だと思います。

クイズ番組では早押し問題で競わせます。問題としては例えば、
「これはあるタイトル戦で出現した局面です。この対局の対局者を答えなさい」とか、
「今期順位戦で昇級した最高齢の棋士の名前は」とか、
「2005年度の7大タイトル戦で防衛したタイトルの数は」とか。

マニアックな問題にすらすら答えるのは、知らない人が見ても爽快で面白いものです。

出場者も見てる人も楽しめる番組になると思うんですけどね。biglobeでやってくれないかな。

将棋番組を考える

5/20
いくつかのブログや日記でも紹介されてますが、BIGLOBEストリームで将棋番組の配信が始まったんですね。

加藤一二三伝説はすばらしいですね。NHKも対局ばかりじゃなくて、こういう企画も考えるべきだと思います。

将棋番組といえばNHK杯がありますが、あれは一つの対局に1時間以上かかるため、人によっては長く感じる人もいると思います。

そこで視聴者が気軽に見られることを考慮して、もっと短時間で終わる対局番組があったほうがいいと思うんです。
番組用に超早指し選手権とかあったら面白いと思うんですけどね。
持ち時間は3分切れ負けとかで。
これならオープニングとエンディングを含めても10分で収まりますよ。

ただ、切れ負けだとプロ棋士には抵抗もあると思うので、出場者はプロにこだわらず奨励会員やアマチュアでもいいと思います。

10分番組ならネット配信もしやすいと思います。
前にもちょっと書きましたけど、早指しはあまり将棋をやらない人にとってはすごいことなので、視聴者に対するインパクトも十分だと思います。

ハリーポッター

4/18
ハリーポッターの最新作が発売されたようですけど、まだ人気続いてるんですね。

京都駅では、駅構内のちいさいコンビニみたいな店の前に、特設のハリポタ売り場が用意されてました。

通常の本の仕入れでは、売れ残った本は返品できるらしいですけど、ハリーポッターに関しては返品付加で店の買取らしいので、売れ残ると店がかなり損するようです。

僕はハリポタの本は全く買ったことも読んだことも無いですが、少なくとも定価で買うことはないですね。やたらでかいし辞書並みに高い。

文庫本で出るか、ブッ○オフで100円で売られてたら買うかもしれません。

未知との遭遇

5/12
電車に乗っていたときの出来事。僕はドア付近に立ってぼーっと外を眺めてました。そしてちょうど東福寺駅(次が終点の京都駅)まで来たときです。

突如白人系の外国人男性が僕に向かって話しかけてきました。

「Next Kyoto?」
彼はそう聞いてきました。本当は微妙に違うかもしれないけど僕にはそう聞こえました。

一瞬頭の中が真っ白のなりながらも、yes/noの質問だったので
「・・・yes・・・はい」
と答えると彼は「thank you」といって自分の席に戻っていきました。

簡単な質問だったから良かったものの、めちゃくちゃ焦りました。
yesなんて何年ぶりに言っただろうか、って感じですよ。

冷静に考えてみたら京都駅って外国人多いからなあ。京都駅に行く機会がある限り、またいつ同じような経験をするかわかりません。

英語で日常会話くらいはできるようになりたいものです。

先日のNHK杯将棋トーナメント

5/9


先日のNHK杯は井上慶太八段 VS 勝又清和五段で解説が石田和雄九段という、テレビ的にとても良い組み合わせでした。
感想戦では3人ともちゃんとしゃべるし、なんだか楽しそうな雰囲気がただよっていました。

テレビ将棋はこうでなければと思いました。

対局終わった後ただ不機嫌そうにぼそぼそしゃべるのは正直いって印象悪いです。
テレビなんだからはっきりしゃべれよ、と思う人も少なからずいるのではないでしょうか。
そういや今年から対局者にもピンマイクつけてるんですよね。
あれは良いと思います。

けど無愛想に淡々と感想戦するだけでは、やはりテレビとしては物足りないものがあるわけで、今回のような視聴者に良い雰囲気を与えることが将棋のイメージアップにもつながると思います。

プロ棋士は良い将棋を指して勝つだけでなく、見てる人のことを考えた振る舞いも必要なんじゃないでしょうか。

タイプ別性格診断

5/9
タイプ別性格診断をやってみました。
http://www32.ocn.ne.jp/~emina/
16種類のタイプから診断するようです。
僕はISFP型でした。一言でいえば「見ているだけで口は出さない」だそうです。
うん、たぶんあたってる。

このサイトの統計を見ると一番多いタイプのようです。日本人らしいタイプということでしょうか。
2択の質問に答えていくだけなので、サクサク答えれば5分もかかりません。みなさんもぜひ。

今日のコナン

5/8
今日の名探偵コナンは「上戸彩と新一 4年前の約束」とうタイトルの通り、上戸彩本人がそのまま登場してました。

たまにアニメに芸能人が出演することがありますが、他の声優と比べると浮いた感じになりがちです。プロの声優に比べると声の感情が乏しい感じがするんですよね。
それで今日見たときもそれが気になって、安心して見られませんでした。

そういや宮崎アニメの登場人物もプロの声優ではなく、普通の芸能人を起用することが多いですが、新作の出来はどうなるんでしょうね。
前作はキムタクがやると知ってこりゃだめだ、と思いましたが実際見たら案外良かったです。

プロの声優使ってくれたほうが安心して見られるんですけどね。興行面を考えるとそういうわけにもいかないのでしょうか。

ゴキブリ

5/7
みなさんゴキブリ対策はしてますか?
この動画めちゃくちゃ笑った。
http://www.youtube.com/watch?v=R_kmVraPnPc

世界コンピュータ将棋選手権

5/6
コンピュータ選手権ではボナンザが優勝したようで。
将棋ソフト世界一に「Bonanza(ボナンザ)」
フリーソフトが優勝したとあっちゃあ、市販ソフトの立場は苦しいですね。
今後は強さ以外に部分でいかにアピールするかが重要になるんじゃないでしょうか。
もちろん宣伝する上で強いに越したことはないと思いますが。

注目の人間対コンピュータは人間の完勝のようで。ゆっきー強いですね。
っていうか彼は毎月どこかしらの雑誌や中継サイト等に出現してるような気がするんですが。
つい先日は朝日アマの控え室の写真に写ってたぞ。

何はともあれ、まだ人間はコンピュータに負けないという状況にほっとしました。

細かすぎて伝わらないモノマネ選手権

5/5
待ちに待った「とんねるずのみなさんのおかげでした」の「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」。
プロレスと野球ネタが大半を占めるのが正直お腹いっぱい気味なんですが、今回もいろいろ新作があって面白かったです。
個人的に一番良かったのは俳優の平泉成のモノマネですね。あの声のかすれ具合とか最高に似てて爆笑しました。

来週も引き続きあるので必見ですね。

コラボTシャツを考える

5/4
ユニクロでは毎年コラボTシャツといって、様々な人がデザインしたTシャツが販売されています。コラボの対象は、どっかの企業であったり学生であったり著名人であったりと様々で、デザインも多種多様です。

中には伝統企業コラボと銘打って養命酒やシャチハタなんて企業のTシャツもあります。デザインの良し悪しは人それぞれとして、こういう企業がコラボできるなら将棋だってできるんじゃないかと思うんです。

カテゴリーとしては何がいいでしょうか。社団法人コラボTシャツとか?
日本将棋連盟とか日本医師会とかJASRACとか、日本野球機構もあてはまりますね。

デザインはどうしましょうか。こんな感じでいいんじゃないでしょうか。街中を歩いているといきなり詰め将棋に遭遇ですよ。

将棋連盟にはこういう企画にも積極的に取り組んでくれると面白いと思うんですが。

バランスボール

5/2
バランスボールを買いました。
20060504000329.jpg


部屋のスペースが狭くなることうけあい。
いやまあそれでもテレビとかで見て、これに乗ってみたかったんですよ。

初めて乗ったとき変な転び方して背筋痛めた。
乗るときは手の届く範囲に摑まるものがあったほうがいいです。

慣れるとなかなか面白い。何秒間乗ってられるか挑戦してみたり。

やはり置き場所に困るのが難点か。

 | HOME | 

プロフィール

せきどう

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近のコメント

最近のトラックバック

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。