lovely sky blue

日々の出来事など思いつくままに。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学生に教えるべきこと

4/5
最近の学校教育では、高校の教科書にマンガを取り入れたり、小学校から英語科目の導入が行われたりしているようです。最近はゆとり教育の影響で学力が低下しているといわれてますが、これらのような対策で学力は向上するんでしょうか。

最近は学力が低下して、教える立場の教師も苦労するという話を見ることがありますが、これは学生だけの問題ではないと思います。

何が言いたいかというと、教師の存在意義はなんだろうかということです。カリキュラムに沿って生徒に勉強を教えることが教師の主な仕事ですが、教科書の内容について解説するだけでいいのでしょうか。

出来の悪い生徒はなぜ成績が悪いのかと考えたとき、それは勉強がつまらないからだと思うんです。逆に勉強する内容に興味を持ってる人は成績が上がるはずです。

そこで教師の存在を考えたとき、教師が本当にやるべきことは問題の解き方を教えるより生徒に勉強する意欲を持たせることじゃないかと思うんです。

勉強する意欲があれば、ほっといてもその人は勉強します。公式やら単語の説明なんていうのは、別に教師が居なくてもその辺の参考書で事足ります。最近は優秀な参考書もいっぱいありますから。

そういうわけで、中学や高校のうちから世間で行われている仕事内容について、たくさん教えたらいいのになと思います。これを学んでおけば将来こういう仕事に役立てることが出来るとか。こういう分野でこんなことを計算するのにこの公式が必要なんだとか。

そこまで教師に求めるのは高望みのしすぎでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sekidou.blog10.fc2.com/tb.php/245-28eca71a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

せきどう

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近のコメント

最近のトラックバック

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。