lovely sky blue

日々の出来事など思いつくままに。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰り道

5/26
憂鬱なゼミも無事に終わり、私はいつも通り帰路にたった。最近はあまりバスを使わず駅まで歩くことにしている。始めは息を切らし気味だったこの道にも今ではすっかり慣れた。

最短距離で駅に向かうために、民家に挟まれたひと気の無い細い路地を通り抜ける。それはいつもとなんら変わらない帰り道、のはずだった。

駅までもう少しというところまでやって来た時、一台の自転車が私の横を走りぬけた。と同時に私は聞きなれない言葉を耳にした。

「…どぅぷしぃー…」

大きな違和感を感じながら私はその言葉を発した声の主を見た。メガネをかけてリュックを背負う、一見して理系の学生を思しき学生が、自転車で颯爽と走り去るのが見えた。

私は何がなんだかわからなかった。いつもなら気にも留めないところだが、この時の私はあの言葉がなんであったのか気になって仕方がなかった。

頭の中のあらゆるデータベースに照らし合わせてみたが、まったくもって答えらしきものが出る気配はない。

そこで私はある仮説を立てた。これはもしかして神のメッセージではないだろうか?

今はまだ何のことか分からないが、今後の人生において大きな影響を及ぼすキーワードかもしれない。電車に乗った私の頭の中はそのことでいっぱいだった。

もしかしたら、これはとあるベンチャー企業の名前で、将来大躍進するから株をたくさん買っておけという暗示ではないだろうか。
もしかしたら、将来○○ドゥプシィーという競走馬が出てくるから、徹底的にその馬の馬券を買えという暗示ではないだろうか。
もしかしたら、近い将来、謎の集団に襲われたときに自分の身を助ける呪文ではないだろうか。

青空を眺めながら、頭の中ではたくさんの妄想夢が展開していたが、下車する駅が近づいてきた時、頭の中の冷静なもう一人の私が言った。
「ただの意味不明な独り言だろ」


さてと、暇つぶしはこれくらいにして、本屋に立ち読みに行くとするか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sekidou.blog10.fc2.com/tb.php/8-7eb848be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

せきどう

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近のコメント

最近のトラックバック

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。